頭痛教室で闇おやつ

病気でお休みしている先生ではない。病気っぽい美術教師。


黒い鳥居の下から

赤い帯が海に向かって延びる

何処へ続くか見当もつかず


果ては見えぬ






母親の中へもう一度

もう一度

深く眠りにつき生まれ直し

抱かれこちらにはたくさんの手




船に乗り旅へ出た


夜明けまでには着くでしょう


水面にはなにもうつらず
波の音もしない

いつかまた



今日はおやすみなさい。