頭痛教室で闇おやつ

病気でお休みしている先生ではない。病気っぽい美術教師。

でも綺麗な空が

涼しくなって来た。
 
悲しくもないしもう好きではないけど、思い出すことは思い出す。
悪いことじゃない。悲しくないんなら。
 
好きだったことは分かるんだけど、もうあのときの悲しさとか淋しさ、悔しさは思い出せない。
 
 
また忙しい日々が来るし、
この先どうなっても大丈夫、もうきっとどんなことも大丈夫。
 
高校の三年間は忘れてしまった。
 
大学のあの楽しさと淋しさと不安も、薄れてしまった。
 
三月の悔しさも。
 
 
こんなに大変な思いをしたのもきっと初めてなのかも。もう守られてはいないから。
 
だからもう大丈夫なはず。
 
 
適当にやってこう。行き当たりばったりがきっと自分の本当。
 
 
とりあえず、中学生より、先輩。
 
名前を何度も呼びたい。