頭痛教室で闇おやつ

病気でお休みしている先生ではない。病気っぽい美術教師。

夜明け

なかなか来ない夜明け。
すぐ来てしまう夜明け。

過労気味で身体が痛い。
代わりの無い仕事をしたいと思ってここまで来て、今はそれが誇りであってストレスでもあるのでなかなか仕事というのは難しいものだ。だけど、自分を見て欲しくて良いところも自分にしかないところも、認めてもらえるようなそんな毎日を送りたかった。
僕は事務仕事なんかはとても苦手だし、電話も苦手だし、これらも避けて通れないけど人間相手してて人間らしくなったと思う。
あともう少しで、ひとつの区切りがつく。

気が早いけど、月日の流れる早さ。怖い。こうして年寄りになってもこんなことしてるのかな。
三学期終わったら。
あれから一年経ってまた春が来るのか。


そんなことより夜ご飯。